医師のご紹介

院長ごあいさつ

院長写真

院長:藤井智仁  日本眼科学会専門医 医学博士

           身体障害者福祉法指定医師 難病指定医 小児慢性特定疾病指定医

           ボツリヌス療法認定医(対象疾患:眼瞼痙攣、片側顔面痙攣)

 

平成3年に熊本大学医学部を卒業以来、眼科の研究・診療に取り組んでまいりました。平成18年に縁あって出水市で開業してからはこの地域のあらゆる年代の方の診療を担当させていただいています。その間にも医学の進歩に対応して最新医療機器の導入や分子標的治療薬である抗VEGF薬の硝子体注射、さらにCO2レーザーを使った眼瞼手術、乱視用眼内レンズを使った白内障手術等を導入してまいりました。これからもよりよい治療成績を目指して診療に取り組んでまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

院長経歴

昭和60年 久留米附設高等学校卒業

昭和60年 熊本大学医学部入学

平成 3年   同 上  卒業

平成 3年 熊本大学医学部附属病院研修医

平成 9年 熊本大学医学部大学院卒業(医学博士)

平成 9年 熊本大学医学部附属病院 眼科助手

平成10年 熊本赤十字病院 眼科副部長

平成13年 下関厚生病院 眼科医長

平成15年 日本赤十字社和歌山医療センター (16年眼科副部長)

平成16年 熊本赤十字病院 眼科部長

平成18年 出水眼科開業

 


副院長:藤井智子  日本眼科学会専門医

            難病指定医 小児慢性特定疾病指定医

            ボツリヌス療法認定医(対象疾患:眼瞼痙攣、片側顔面痙攣)

 

平成 5年 熊本大学医学部卒業


主な勤務歴

熊本大学医学部附属病院

NTT西日本九州病院(現くまもと森都総合病院)

熊本眼科医院

日本赤十字社和歌山医療センター

原眼科医院